FC2ブログ

神戸シューズが高価格帯に進出 履き心地改善「プレミアムライン」

20181012神戸シューズプレミアム商品例

 神戸市長田区を中心とした靴メーカーなど91社で組織する日本ケミカルシューズ工業組合(神戸市長田区)で展開するブランド「神戸シューズ」が、高価格帯に進出する。大幅に履き心地を改善した「プレミアムライン」を22日に発売。従来品よりも8割増~2倍程度に販売価格の引き上げをねらう。(写真は商品例=日本ケミカルシューズ工業組合提供)

 合成皮革などを主な材料としたケミカルシューズはデザインが豊富な半面、牛革製の靴に比べて足になじまない、履いていて疲れるという欠点があるとされてきた。ただ、素材などを工夫することで屈曲性(曲がりやすさ)や吸湿性などが大幅に向上。ケミカルシューズの多様なデザインと、履き心地とを両立させる。
20181012神戸シューズプレミアムロゴ

 サイズも0.25センチメートル刻みで設定することで、より足にフィットさせる。底にも滑りにくい素材を採用した。熟練した職人の手による「履いていて疲れにくい靴」という評価を定着させることで輸入品などとの差をつける。グラフィックデザイナーである北川一成さんの手によるブランドロゴ(図=同)でも高級感を訴える。

 プレミアムラインの製造は同組合の加盟社のうち7社が参加。22日に東京都内で開催するブランド発表会に合わせて、専用サイトでの受注を受け付ける。当面は受注生産として在庫を抑える計画だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報