井戸兵庫知事、阪神高速料金案「不公平感なくすのが狙い」 兵庫県案“高い”と批判で

 兵庫県の井戸敏三知事は31日の定例記者会見で、兵庫県がまとめた阪神高速道路の新料金案について「すでに対距離料金制度に移行した首都高速などとの不公平感をなくすのが狙い」と説明し、理解を求めた。兵庫県案に県議会などで「高い」と批判が出たことについては「上限料金を引き上げたのだから、平均で見ると高くなるのは当たり前」と反論した。

 国土交通省が進める近畿の高速道路料金の見直しで、兵庫県は阪神高速の料金を普通車で500〜1400円にする案をまとめている。現行は普通車で510〜930円。大阪府は別の料金体系を示しているといい、調整が必要になるとみられている。

 兵庫県案について井戸氏は「(事業化が決まった)湾岸道路西伸部の財源を生みだすためと言われているが、問題は料金体系をどうするかというところから出発している」と強調。「結果として、湾岸道路西伸部(の建設)に回る財源も出てくると私は理解している」と述べ、財源ありきの議論でないと改めて説明した。
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報