斎藤兵庫知事、飲食店の時短要請「解除できる状況まで改善」 コロナ対策本部

20211019斎藤知事対策本部

【神戸経済ニュース】兵庫県の斎藤元彦知事(写真)は19日午後5時に開催した新型コロナウイルス感染症対策本部会議で冒頭にあいさつし、「私としては最近の感染状況などを踏まえると、飲食店への時短要請については解除できる状況まで改善されたのではないかと考えている」と述べ、飲食店の深夜営業解禁に向けて前向きな姿勢を見せた。

 ただ飲食店については「(時短要請の)解除においても認証店、認証店以外でどういう対応をするか、4人以下の少人数であるとか、2時間以下の短時間の利用を呼びかける必要があるのではないか、といったことも考えている」と述べ、この日の新型コロナ対策本部会議で議論したいと語った。

 新型コロナ対策本部会議は冒頭の斎藤知事のあいさつのみ報道機関に公開した。会議終了後に斎藤氏が記者会見して、会議の内容や今後の対策などについて発表する予定だ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告