神戸製鋼の山口社長「世の中が大きく変わるときにビジネスチャンス」新入社員に

20190330神戸製鋼本社

 神戸製鋼所(5406)の山口貢社長は1日、同日付で入社した新入社員に対してメッセージを発信した。「世の中が大きく変わろうとしている時に、それを危機と捉えるか、或いはチャンスと捉えるかが重要」「わたしは、ここに新たなビジネスチャンスがあると考えています」と述べ、同社に大きく成長する可能性があると主張した。同社は製鉄を中心に素材や機械、電力と幅広く事業を展開することから「総合力を発揮することで、グリーン社会の実現など、社会課題の解決に貢献し、新たな価値を生み出す可能性が大いにあると信じています」と語り、新たに獲得した人材の活躍を期待した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を僕しする目的で、神戸本社(神戸市中央区、写真=資料)での入社式は2年連続で中止した。山口社長の新入社員向けメッセージは社内ネットワークで配信。新入社員らが自席で確認した。21年度は総合職84人、基幹職209人の合計293人を採用した。20年度の389人から新卒採用人数は約25%減少した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告