山本住友ゴム社長「事業は安心、ヨロコビのために」入社式で

20200401住友ゴム社長

 住友ゴム工業(5110)の山本悟社長(写真=資料)は1日に同社本社(神戸市中央区)で2年ぶりに開いた入社式で、「私たちの事業は『安心』『ヨロコビ』のためにあり、お客様と社会からの信頼に応え、その期待を超える価値を想像していくことにあると理解してください」などと述べ、新たに獲得した若手人材の創造性などに期待した。加えて心構えとして「素直であること」を強調。未熟な点を見つめて努力する姿勢こそ、その人の成長を促すと語った。

 新入社員は事務系、技術系の合計51人。入社式は換気や手指消毒、参加者同士の距離を取るなど感染防止対策を徹底して開催した。例年は新入社員が名前を呼ばれると立ち上がり、大きな声で返事をする場面があるが、今回は立ち上がる際に声を出さないことにした。昨年は新型コロナウイルスの感染防止を目的に入社式を開催せず、新入社員らが研修所や事業所で少人数に別れて社長の映像を見る形式にしていた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告