家次シスメックス会長「サステナブルな社会の実現に貢献できる会社」入社式で

20181107家次シスメックス会長兼社長

 シスメックス(6869)の家次恒会長兼社長CEO(最高経営責任者、写真=資料)は1日、神戸市西区の研究開発施設「テクノパーク」で開いた入社式で「サステナブル(持続可能)な社会の実現に貢献することが我々の使命であり、シスメックスはそういったことにチャレンジできる会社」などと述べ、新たに獲得した人材の幅広い分野での活躍に期待した。一方で「従来は医療費抑制の動きがあったが、いまでは世界中で感染症対策を含めた医療体制の整備が重要な共通テーマとなっている」とも指摘し、事業環境も悪くないことを強調した。

 家次CEOの訓示に応じる形で、新入社員の代表もあいさつした。日本語と英語の2カ国語で話し、これから世界を舞台に活躍する意欲を強調した。新入社員60人のうち、インド、イギリスにそれぞれ在住の4人を除く56人が入社式に出席した。マスクの着用や手指消毒、席の間隔確保や換気などの対策を実施して、式典を開催した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告