アシックスが3日続伸、連日の年初来高値 足元で外国人の買い継続とも

20191231神戸株ワッペン

終値 2097円 +55円(+2.69%)

 8日の東京株式市場ではアシックス(7936)が3日続伸した。一時は前日比73円高の2115円まで上昇し、連日で年初来高値を更新した。2018年5月1日に付けた2122円以来、およそ2年半ぶりの高値に浮上した。欧州での新規感染者数が11月上旬を境に減少に転じたうえ、このところ1日あたりの死者数も峠を越えたとの見方が広がった。3蜜を避けながら運動できるランニングへの関心の高まりもあり、欧州での経済活動の再開による販売拡大などへの期待感が支えになったようだ。

 同社は発行済み株式のうち36.1%を外国人が保有する。日本以外の国の代表チームにウエアやシューズを提供するなどで、海外でも知名度が高い。一方で、日経平均株価の採用銘柄ではなく、比較的ファンド勢などによる短期の売買に左右されにくい面がある。このため同社株の上昇は、外国人投資家の買い継続を見極める1つのシグナルとの見方があるという。8日の日経平均株価が底堅い動きだったのは、外国人投資家の日本株への期待があるとの声も一部で聞かれた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告