関西エア、24機関の「空の日」リレー動画を配信 神戸空港から9機関

20190701神戸空港ターミナル

 関西エアポートは20日の「空の日」に合わせて、同社が運営する関西国際空港、大阪国際空港、神戸空港の関西3空港に関わる24機関のリレーメッセージ動画を配信する。航空局や航空会社、空港の地上業務(グランドハンドリング)の担当会社などが参加。航空へ理解を深めたり、新型コロナウイルス対策の取り組みを発信することで空港利用への不安を取り除いたりする。

 神戸空港(写真=資料)の関係機関では、定期便が就航する航空会社のスカイマーク、全日空、ソラシドエア、エア・ドゥ、フジドリームエアラインズの5社に加え、ヘリコプターの運用サービスなどのヒラタ学園、空港内にヘリコプターのアフターサービス拠点を置くエアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、神戸市消防局航空機動隊、関西エアポート神戸の9機関が参加する。

 配信期間は20〜30日を予定する。関西エアポートでは毎年9月20日の空の日に合わせて、各空港で行事を開催してきた。昨年は神戸空港でも就航各社がオリジナルグッズを販売したほか、就航地の物産販売、空港内バスツアーなどを開催した。ただ新型コロナの感染防止を目的に人が集まるイベントの開催を見送り、メッセージ動画の配信に切り替える。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告