神戸港、日本丸・海王丸など練習船5隻が3年ぶり集合 スタンプラリーなど開催

20170712日本丸資料写真

 独立行政法人の海技教育機構(横浜市中区)に所属する練習船が23日から相次いで神戸港に寄港する。24日午前10時には日本丸(写真=資料)と海王丸があいつで新港第1突堤、第2突堤に着岸し、約3年ぶりに5隻が神戸港に集合。秋風のさわやかな神戸港に、帆船の優美な姿が現れる。神戸市と神戸観光局では5隻の集合を記念した「オンラインスタンプラリー」と「フォトコンテスト」を開催。各船は日没から午後10時まで、船体のイルミネーションを実施する。

 スタンプラリーとフォトコンテストは9月25日〜10月2日に開催する。スタンプラリーは神戸市が提供する環境課題に対応する動作をポイントで促進するアプリ「イイことぐるぐる」を活用。それぞれの船に近づくとスタンプを獲得できる。練習船のスタンプを5つ集めると、抽選で500人に神戸港オリジナルグッズが当たる。遊覧船ターミナル「かもめりあ」から出向する「ロイヤルプリンセス」号に乗船すると、遊覧しながら練習船のスタンプをすべて集めることができる。ロイヤルプリンセスを含む6隻のスタンプを集めると、抽選で100人に海技教育機構の練習船オリジナルグッズなどが当たる。

 フォトコンテストはツイッターを使って開催。25日から「@kobeport1958」をフォローしたうえで「#神戸港練習船集結2020」とハッシュタグを付けて投稿すると、優秀な作品として入選した50人に神戸港や練習船のオリジナルグッズを配布する。入選者にはツイッターのダイレクトメッセージ機能で連絡する予定だ。入選作品の著作権、使用権は神戸観光局が持つ。写真の投稿期限は10月11日の午後11時59分とした。

 日本丸は新港第1突堤西側、青雲丸は同東側、海王丸は新港第2突堤西側、大成丸と銀河丸は新港第4突堤東側(ポートターミナル)に、それぞれ停泊する予定だ。新港第2突堤は立ち入り禁止区域のため、海王丸の見学は第1突堤東側から見学する。海王丸のスタンプは第1突堤の南東部に設置する。第4突堤に停泊する2隻はポートターミナルが開館する午前8時半〜午後5時半に見学できる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告