JR芦屋駅ビル「モンテメール」、来年3月13日に新装オープン ロゴも一新

20191213モンテメールロゴ

 JR西日本傘下で商業施設を運営する神戸SC開発(神戸市東灘区)は13日、昨年3月からリニューアル工事中のJR芦屋駅ビル「モンテメール 」の新装オープンを2020年3月13日に決めたと発表した。これまで主要顧客だった「ミセス層」に加え、30〜40代を中心とした近隣住民や駅の利用者にもターゲット層を拡大「便利で普段使いできる場所」をめざした。

20191213モンテメール3階

 モンテメールは本館と西館の2棟で構成している。本館の地下1〜地上2階に入居する大丸芦屋店は引き続き営業するが、その他のフロア構成を変更。これまで本館5階だった飲食フロアを、芦屋駅の改札口と直結する西館3階と、1つ上の4階に変更。本館3〜6階は専門店が入居する。入居する店舗の詳細は、オープンまでに改めて発表する予定だ。

 リニューアルと同時にロゴのデザインも一新した。街の流れ、人の流れを象徴する曲線をMやRに取り入れた。ロゴの色彩は開業から40年間、愛されていたワインレッドからシャンパーニュに変更。ワインが2次発酵によってスパークリングワインになることになぞらえ、ブランドカラーに採用した。(図はロゴと本館3階入り口=神戸SC開発提供)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告