OKI、自治体向け遠隔相談システム発売 神戸市で先行導入の「相談上手」

 沖電気工業(OKI)は12日、自治体が遠隔拠点から住民向けの窓口サービスを提供できるようにする遠隔相談システム「相談上手」を同日発売したと発表した。複数の拠点がある政令市や中核市などで、相談業務を本庁に集約し、職員の業務を効率化する動きに対応した。従来のテレビ電話による口頭での相談だけでなく、スキャナーを配置するなどで相談に訪れた住民の手元にある書類を確認できるようにしたのが特徴だ。相談上手システムとして今後3年間で9億円の販売をめざす。

 今回の発売に先立って、神戸市は「相談上手」を先行導入。神戸市内の9カ所ある区役所で対面式の税務相談を実施していたが、8月から相談上手に切り替えていた。住民向けのサービスを従来と変わらず提供できる一方、職員を集約したことで住民の待ち時間が減るなど業務請負が効率化。さらに同じ職種の担当者らが机を並べて仕事をするため、専門業務の知識やノウハウも共有しやすくなった。人材育成の促進にもつながったと評価されたという。

 少子化などによる生産年齢人口の減少に加え、地方財政の厳しさもあって、従来は区役所や支所、出張所とすべての出先機関に相談の担当者を配置できないという課題が浮上している。仮に人数をそろえたとしても、専門性の高い相談業務を引き継ぐには時間がかかるというのも課題になっていた。実際の手続きにつながるような遠隔システムを模索する中で、今回の相談上手の開発につながったという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告