JR芦屋「モンテメール」リニューアル、3月17日で休館 大丸などは営業継続

 JR西日本傘下の神戸SC開発(神戸市東灘区)は6日、JR芦屋駅の駅ビルで展開している商業施設「モンテメール」の本館と西館を、リニューアル工事のために3月17日の営業を最後に休館すると発表した。2020年春ごろに再びオープンする計画だ。8日から改装工事を前に売りつくしセールを実施する。

 モンテメールは1980年(昭和55年)に開業。ファッションや雑貨などに加え、レストラン街や百貨店なども入居する芦屋の玄関口の商業施設としてにぎわった。ただ開業から40年近くが経過し、開業当初とは周辺環境なども変化。このためリニューアルで利便性向上などをねらうとみられる。
 
 売りつくしセールは第1弾を8日から今月末まで実施する。8〜10日は「3倍ポイントアップキャンペーン」を同時開催。最終のセールである第2弾は3月1〜17日に予定している。

 リニューアル工事の期間中も本館地下1階〜地上2階の「大丸芦屋店」は営業。西館1〜2階の「マクドナルド」「三井住友銀行」「住友不動産販売」、西館5〜6階の「クリニックプラザ」は引き続き営業する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

サイト内検索

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告