川重、1000機分のB787型機・胴体前部を出荷 名古屋第一工場で製造

20191216川重B787

 川崎重工業は16日、愛知県弥富市の名古屋第一工場でボーイング787型機(B787)で川重が製造を担当する胴体前部の1000号機用が完成したと発表した。05年にB787の開発・量産プロジェクトに加わって以来、1000機分の胴体前部を製造。これを記念して工場内で1000号機の出荷式を開いたという(写真=川重提供)。12月下旬にボーイング社に納入する予定だ。

 川重はB787の胴体前部に加え、主脚格納部と主翼固定後縁の製造を担当している。同社が独自で安定品質に向けた標準作業の確率や、新たな成形方法をなど生産のノウハウも開発。2015年までに同機向けの工場である名古屋第一工場を大幅に拡張した経緯もある。14年には世界最大級のオートクレーブ(複合材効果炉)を導入するなどで、生産体制を強化していた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告