ポーアイしおさい公園に2つ目の「BE KOBE」 7月8日夕方に完成記念式典

20190627しおさい公園BEKOBE

 神戸市は27日、同市中央区のポートアイランドのポーアイしおさい公園に建設した「BE KOBE」を取り入れたモニュメント(イメージ図=神戸市提供)について、7月8日午後6時から完成記念式典を開催すると発表した。神戸市の久元喜造市長らが出席し、除幕に続いて夜間ライトアップの点灯式を実施する。人気の撮影スポットとしてメリケンパーク(神戸市中央区)で定着した「BE KOBE」の第2弾だ。

 メリケンパーク(神戸市中央区)に設置したBE KOBEのモニュメントと呼応するデザイン。文字を切り抜いた部分を通して、対岸のランドマーク的な施設も一緒に撮影できるのが特徴だ。夜間のライトアップはカラーLEDによる照明で演出する。式典には、しおさい公園に隣接する神戸学院大学の吹奏楽部も参加して、新たな「BE KOBE」の完成を祝う。

 公園内には7月に結婚式場・レストランの「ララシャンス神戸」もオープンする予定。7月9日にはしおさい公園南側に、自動車9台が駐車できる市営駐車場も開設する。新たな人の流れを生むか、関心を集めそうだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告