神戸公式観光サイト「Feel Kobe」、宿泊検索機能を追加 オープンドアと連携

20190630宿泊検索サイト

 神戸観光局は、公式観光サイトの「Feel Kobe」で宿泊検索や価格比較の機能を追加した。オリコンが実施する顧客満足度調査で、格安ホテル比較サイトの首位になった「トラベルコ」を運営する、東証1部上場のオープンドアと連携。日本語以外にも英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)に対応し、国内からと海外からの両面から神戸での宿泊需要に対応できるようにした。新たな検査奥機能は28日に追加した。

 Feel Kobe の各言語でのトップページから、宿泊地設定を神戸市のみに絞った宿泊比較サイト(画面イメージ=日本語に対応)にリンクを設定した。日程、人数、予算、部屋タイプ、食事の有無など細かい条件を設定して宿泊施設を検索できる。旅行サイトのエクスペディア、じゃらん、楽天トラベルなど複数の宿泊予約サイトが取り扱う神戸宿泊プランを比較できるうえ、気に入れば予約もできる。

 宿泊先として選択できるのは、神戸市観光・ホテル旅館協会の会員施設である62施設(6月1日現在)だ。9月下旬に始まるラグビーワールドカップ日本大会で、神戸開催試合に向けた宿泊予約も動き始めているという。神戸観光局では国内からの観光客に加え、海外からも神戸に立ち寄りやすい環境を整備することで、2020年に神戸を訪れる訪日客の目標200万人を引き続きめざす。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告