山陽電鉄、今年は「忍たま乱太郎」の装飾電車 7月19日から運転

20190625忍たまとおでかけ号

 山陽電気鉄道は25日、人気アニメ「忍たま乱太郎」と共同企画したキャンペーン「忍たまとおでかけ山陽沿線の段」を7月19日〜9月8日に展開すると発表した。車内外に、忍たま乱太郎のキャラクターなどを装飾した「忍たまとおでかけ号」(上の図=山陽電鉄提供)を7月19日から期間限定で運転。山陽電車の全線が終日、乗り降り自由になる「忍たまとおでかけ1dayチケット」も同日に発売する予定だ。

 山陽電鉄と人気アニメとの共同企画は、昨年夏の「カードキャプターさくらクリアカード編」に続いて2回目。昨年は「CCさくら」の人気で訪日客による乗車が増えるなど、同社の鉄道事業や沿線の活性化にもつながった。今回は子供を中心に根強いファンを持つ長寿アニメとのキャンペーンを展開することで、ファミリー層の観光需要の発掘などにつなげたい考えとみられる。

 装飾電車は7月19日〜9月8日に運転。3両編成の1編成を充て、山陽姫路〜阪急・阪神の神戸三宮と、飾磨〜山陽網干で運転する。3両×海側・山側と6カ所ある側面にそれぞれ、忍たま乱太郎の主要な舞台である「忍術学園」の1〜6年生のイメージカラーに合わせた帯を貼り付ける。さらに各学年のキャラクターを車外に描く。主人公らの1年生は3号車の山側になる。

20190625忍たま記念乗車券

 「忍たまとおでかけ1dayチケット」は通常の1dayチケット(2820円)に比べて半額以下の1300円。須磨浦ロープウェーとカーレーターにも乗れる。主要駅などで販売する。小児は650円だ。このほかキャンペーン期間に合わせてスタンプラリーを開催。6個すべてのスタンプを集めた先着1万人にはオリジナルグッズを配布する予定だ。

 さらに台紙付きの乗車券5枚セット「忍たまとお出かけ記念乗車券」(1000円、2番目の図=同)や、忍たまたちが電車に乗るデザインを取り入れたオリジナルグッズの発売、須磨浦山上遊園でのイベント開催などと盛りだくさんの予定だ。ちょうど夏休み期間中に重ねたキャンペーンで、沿線の観光施設も活性化にもつなげる。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告