神栄、繊維事業などで組織改革 15年に買収のグランディを統合

 神栄は2017年4月1日付で組織改革を実施する。同社の完全子会社で婦人服を輸入・販売する神栄ライフテックスが、靴下などレッグウエアを製造卸販売するグランディを吸収合併すると発表した。グランディは2015年に神栄が買収し、神栄の完全子会社になっていた。合併後は現在のグランディ本社(東京都台東区)に本社を置く。

 神栄ライフテックスは関東圏を中心に直営小売店を運営することなどもあり、経営の統合で相乗効果が出ると判断した。中国の神栄(上海)貿易有限公司と連携し、製造、流通、小売の一貫体制を敷く。小売店にとっては品揃えの拡充になるとみられるうえ、卸売事業には迅速な商品開発などにつなげる考えのようだ。

 このほか神栄の完全子会社で、建設資材などを販売する新協和の商号を17年4月1日付で「神栄ホームクリエイト」に変更する。社名に神栄を入れることで、グループ間の連携を深めやすくする。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報