スカイマーク、神戸〜下地島便を新設 10月25日から冬ダイヤで1往復

20200819下地島地図

 スカイマークは19日、神戸〜宮古(下地島)便を10月25日に新設すると発表した。10月25日から適用する冬ダイヤで、1日1往復の運航を計画する。国土交通省による「羽田発着枠政策コンテスト」で提案応募して第6位を獲得し、トライアル運航を実施する羽田〜宮古(下地島)便の就航と同時に、神戸からも下地島への運航を開始。スカイマークの神戸便は札幌(新千歳)、仙台、茨城、羽田、長崎、鹿児島、那覇に加えて8路線、合計23往復を運航する計画だ。(写真は神戸空港に駐機中のスカイマーク機=資料)

 下地島空港は沖縄県宮古島市にある。宮古空港とは別の空港だ。現在はジェットスターの関空便と成田便、香港エクスプレスの香港便が就航している。宮古島市街から約20キロメートル西側にある離島の空港だが、同市街から橋を渡って自動車でおよそ25分で到着する(地図=スカイマークなど提供)。昨年3月に「みやこ下地島空港ターミナル」が開業し、旅客便の受け入れが可能になるまでは主にパイロットの訓練に使われていた。宮古空港に着陸するよりも低い運賃設定が可能になるという。

 羽田〜宮古(下地島)と同時に、同社の西の拠点である神戸〜宮古(下地島)、那覇〜宮古(下地島)の運航を開始。首都圏や関西以外のスカイマークの就航地から、宮古島市へのアクセスが格段に向上することになる。目先では新型コロナウイルスの感染防止を目的とした旅行の自粛が影響する公算だが、各路線の利用が進めば、リゾート地として名高い宮古諸島の活性化につながる可能性は高い。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告