「全国豊かな海づくり大会」兵庫大会は22年に延期 今年の宮城大会が延期で

 兵庫県は19日、2021年に明石市で開催を予定していた「第41回全国豊かな海づくり大会兵庫大会」の延期が決まったと発表した。大会の開催地を決める権限がある、豊かな海づくり大会推進委員会(事務局・全国漁業協同組合連合会)が兵庫県での大会を1年延期し、22年に開催することを決めたという。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今年開催予定だった宮城大会が1年延期になったことで、兵庫大会も順送りで延期になった。

 22年の開催について詳しい日程などは今後詰める。式典行事の開催は明石市民会館を予定していたほか、会場歓迎行事や稚魚などの放流行事、絵画や習字のコンクールといった関連行事などを開催する予定だ、兵庫県では1982年(昭和57年)に美方郡香美町(旧城崎郡香住町)で、第2回全国豊かな海づくり大会を開催。2度目の開催は全国で初めてという。

 「全国豊かな海づくり大会」の式典は、全国植樹祭、国民体育大会、国民文化祭と並び天皇、皇后両陛下が出席される4大行事の1つとされる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告