P&G、従業員・医療機関向けにマスク生産 滋賀工場で・一般販売なし

 米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の日本法人であるP&Gジャパン(神戸市中央区)は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて品薄が続く不織布マスクを生産すると発表した。スキンケアブランド「SK-Ⅱ」の製品を製造する滋賀工場(滋賀県野洲市)で新たに生産設備を導入し、6月上旬にも生産を始める。生産したマスクは同社の従業員に配布するほか、医療機関などに無償で提供する計画だ。一般販売は予定していない。

 従業員の健康・安全を守り、日常生活に必要な洗剤、紙おむつ、ヘアケア製品などP&Gジャパンの製品の安定供給につなげる。加えて、マスクを寄付することで社会貢献にもつなげたい考えだ。これまでP&Gは、世界的にみてもマスクの生産を手掛けてこなかった。だが新型コロナの感染拡大を受けて、すでに海外各地でも生産を始めている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告