P&G、海岸のプラスチックごみ再生したボトル 台所用洗剤「ジョイ」に

20191112 ジョイオーシャンプラスチック

 米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の日本法人であるP&Gジャパンは、日本国内の海岸で回収したプラスチックごみを再生し、ボトルの原料に採用した台所用洗剤「JOY Ocean Plastic」(ジョイ・オーシャン・プラスチック、写真=P&G提供)を発売した。同社としてはアジア太平洋圏で初の取り組み。55万本の限定販売だが、海洋プラスチックごみを使用する1国向けの製品としては世界最大規模の生産量になるという。

 台所用洗剤としての強度が保てる最大量である、原料の約25%に海洋プラごみを取り入れた。使用した海洋プラごみは約6トン。リサイクルの専門家としてテラサイクルジャパン合同会社(東京都目黒区)の協力も受け、海外でのプラごみの回収からボトルの製造まで全工程を日本国内で実施した。P&Gでは欧州で台所用洗剤やヘアケア製品、北米でもヘアケア製品に、海洋プラごみを再生したボトルをすでに採用した経緯がある。日本でも同様の取り組みが可能と判断した。

 海洋プラごみの多くはアジアが発生源とされており、日本の海岸にも多くのプラごみが流れ着く。一方で、プラごみの海洋生物への影響が指摘され、「脱プラ」などに世界で関心が高まっている。海洋プラごみを再生した素材をボトルに採用することで、海に拡散するプラスチックの問題について、より関心を持つきっかけにできると考えた。中身の洗剤は販売中の「ジョイコンパクト モルディブウォーターの香り」と同じ。海のイメージに合わせた、さわやかなブルーの洗剤だ。

 量販店やドラッグストア、ホームセンター、生協など、今回の製品に賛同した企業・団体の店舗で全国販売する。内容量は190ミリリットル。希望小売価格は設定せず、オープンとした。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告