AIRDO、ソラシドも神戸発着便を減便 新千歳・那覇で計3往復

20200415ソラシド機

 AIRDO(札幌市中央区)は14日、神戸〜札幌(新千歳)便の1往復の減便を始めた。4月30日までを予定する。同社は新千歳便のみで神戸空港に乗り入れており、通常ダイヤで1日に2往復。いずれも全日空と共同運航している。減便によってAIRDOの神戸〜新千歳便は、神戸発午後5時50分、新千歳発午後2時55分の1往復のみになった。

 ソラシドエア(宮崎市)は16日から、神戸〜沖縄(那覇)便を2往復を減便。4月30日までの予定だ。同社は那覇便でのみ神戸空港に乗り入れ、通常ダイヤで1日に3往復。全日空との共同運行だ。減便によってソラシドエアの神戸〜那覇便は、神戸発午後1時40分発、那覇発午前11時5分の1往復のみになる。(写真は神戸空港に到着したソラシドエア機=資料)

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告