アシックス、環境配慮型シューズボックス導入 国内外で今夏から

20200415環境配慮型シューズボックス

 アシックスは15日、環境負荷の小さいシューズボックス(写真=アシックス提供)を2020年夏から国内外で順次導入すると発表した。「アシックス」ブランドのシューズに投入し、二酸化炭素(CO2)排出量が年間およそ1200トン削減できる見通し。

 シューズボックスの仕様を全面的に見直した。材料は100%再生紙を仕様し、紙の使用量は従来に比べて約10%削減する。インクも環境負荷の低い水性インクを採用し、使用量は従来の約半分になる。

 アシックスは2030年のCO2排出量を15年比で55%削減する目標を掲げる。シューズボックスの切り替えは、このCO2削減に向けた取り組みの一環だ。今後は「オニツカタイガー」「ホグフロス」の両ブランドを含むすべてのシューズを対象に、シューズボックスの切り替えを検討する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告