17年度の兵庫県名目GDPは20兆8522億円 全国シェア3.90%を維持

20191022兵庫県GDP年間

 兵庫県は21日、2017年度の兵庫県の名目県内総生産(GDP)は前の年度に比べ1.9%増の21兆3288億円だったと発表した。名目値は6年連続でプラス成長を確保した。同時期の全国の名目GDPは547兆4085億円で、このうち兵庫県が占める比率(全国シェア)は3.90%になった。15年度の3.90%から横ばいだった。

 兵庫県の名目GDPを生産面から産業別でみると、最もウエートが大きい製造業がプラス成長に転じたのが寄与した。物価変動を除いた実質GDPの成長率は2.2%と、8年連続でプラス成長を記録した。ただ、全国の実質GDP成長率である2.2%には届かなかった(グラフ)。

 名目GDPを米ドルに換算すると1925億ドル。経済協力開発機構(OECD)加盟各国の2017年(1〜12月)との比較では、29位のハンガリー(1398億ドル)よりも大きく、28位のニュージーランド(2026億円)よりも小さい。27位のギリシャと28位のニュージーランドにはさまれた16年度から1つ順位を落とした形になった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告