アシックスが11日続伸、連日高値 ラグビーW杯などで注目度上昇の見方

20180823神戸株アイコン

 24日の東京株式市場では、アシックス(7936)が11日続伸した。終値は前週末比63円高(3.62%)上昇の1803円だった。一時は1819円まで上昇し、前週末20日に続き連日で年初来高値を更新した。昨年8月2日以来およそ1年2カ月ぶりの高値水準。2019年12月期の収益回復期待が根強い。さらに足元ではラグビー・ワールドカップで南アフリカやオーストラリアといった強豪チームのスポンサーになっていることで、注目度が高まることへの期待感から買いが入ったとの見方があった。

 24日の高値は午後の取引開始直後である午後0時41分に付けた。同社は24日午前に「ファッション業界気候行動憲章」に署名したと発表。二酸化炭素(CO2)を含む温室効果ガスの排出を2050年までに実質ゼロにすることをめざし、具体的に行動に移す方針を改めて強調していた。国連本部で各国の首脳らが集う「気候行動サミット」が23日に開かれた直後だっただけに、環境問題に対する積極的な姿勢が、改めて個人投資家などに好感されやすかった面もありそうだ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告