日本製麻、今期配当金1円減の2円 従来は「未定」

 日本製麻は25日、2019年3月期の配当金を前期比1円減の2円にすると発表した。従来は「未定」としていた。中間配当は実施していない。同社はこれまで、事業環境が厳しさや、先行き不透明な状況から配当予定を明確にしていなかったという。足元の収益動向を勘案し、減配を決めたとしている。

 26日大引け時点で同社株を保有していれば、配当金を受け取る権利が確定する。同社は19年3月期の連結純利益が前期比88%減の600万円、売上高が5%減の36億円になる見通しを示している。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告