アシックス株が大幅安 前回安値を下回り見切り売りが加速

20180823神戸株アイコン

 8日の東京株式市場ではアシックス(7936)が3日続落。終値は前日比81円(5.60%)安の1366円と、大幅安になった。一時は1357円まで下落した。取引時間中の日経平均株価が約3週間ぶりに一時2万1000円の節目を下回るなど相場全体が下げた影響を受けた。さらに同社株は前回の安値である2月22日に付けた1551円を下回って始まったことで、見切り売りが加速した面が大きい。

 前日は国内事業会社で初めてになる、資金使途を環境や社会の持続可能性に寄与する事業に限定する5年物の普通社債「サステナビリティボンド」の発行条件を決めた。これについて「負債での資金調達自体は、資本効率の改善という観点から買い材料」との指摘があった。同社は2月13日に2018年12月期の最終赤字を発表したが、今期は黒字を回復する見通し。業績悪化への警戒感などで売られて付けた、昨年12月26日の昨年来安値(1300円)までは下げずに出直りを期待する声も聞かれた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告