FC2ブログ

R&Iがアシックスに新規「A」 「収益構造改革の成果を見守る時間的余裕」

 格付け会社の格付投資情報センター(R&I、東京都千代田区)は7日、アシックスが同日に発行条件を決めた「第2回無担保普通社債」(サステナビリティボンド)に、新規に「A(シングルA)」と格付けした。同社の発行体格付けである「A」を反映した。R&Iはアシックスの財務内容などから、同社が発行する債券の安全性について投資適格とみている。

 2月22日付でR&Iはアシックスの発行体格付けを新規に「A」としていた。R&Iはアシックスの事業構造を「地域および製品の両面で収益源の分散が効いている」と評価した。一方で、最近では消費者の好みの変化やネット通販市場の拡大など環境変化に追いつかず「収益力には改善の余地が大きい」と指摘。ただ「機能性製品の競争力や財務基盤の強さを考慮すれば、製販一体化を軸とする組織再編や店舗網再構築といった収益構造改革の成果を見守る時間的余裕はある」と結論づけている。

 格付けの方向性は「安定的」としている。R&Iは加えて、アシックスが今回発行する社債が国際資本市場協会(ICMA)の「サステナビリティボンド・ガイドライン」に適合するとの意見も表明した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告