アシックス、今治里山スタジアムの命名権取得 元日本代表監督の岡田氏が会長

【神戸経済ニュース】スポーツ用品大手のアシックス(7936)は28日、サッカーJ3のFC今治が本拠地とする今治里山スタジアム(愛媛県今治市)の命名権(ネーミングライツ)を取得することで、運営会社の「今治.夢スポーツ」(愛媛県今治市)と合意したと発表した。新たな同スタジアムの名称は「アシックス里山スタジアム」とした。今治.夢スポーツは元サッカー日本代表監督の岡田武史氏が会長を務める。スタジアムは同社の子会社である今治.夢ビレッジが所有する。

 アシックスは2022年のシーズンから今治FCとの間でユニホームサプライヤー契約を結び、選手のほか女子チーム、アカデミーの選手、コーチ・スタッフもアシックスのユニホームを着用している。このほか今治里山スタジアムを拠点としたランニングイベントを開催するなど、チームのファンを中心とした今治市の住民向けに健康増進のための事業も実施してきた経緯がある。

 命名権契約の金額や契約期間については明らかにしていない。アシックスと今治.夢スポーツは4月23日に東京都内で記者会見し、「アシックス里山スタジアム」のロゴマークを発表するほか、命名権取得の詳しい経緯や、今後の取り組みなどを説明するとしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告