スカイマーク、夏休み期間など神戸〜那覇便を増便 23年の夏ダイヤ

20210426スカイマーク機

【神戸経済ニュース】スカイマーク(9204)は3月26日〜10月28日の夏ダイヤで、夏休み期間などの繁忙期に神戸〜那覇便を増便することを決めた。通常は現在と同じ1日4往復(8便)を運航するが、4月29日〜5月7日の大型連休期間と、7月15日〜8月30日の夏休み期間は1日5往復(10便)を運航。さらに4月28日と7月14日は神戸発・那覇行きを1便、5月8日と8月31日日は那覇発・神戸ゆきを1便、それぞれ増便する。

 新型コロナウイルスの影響が後退し、旅行での航空需要が回復したのを反映する。新型コロナによる行動制限がなくなった2022年5月の旅客数が前年同月に比べて97.4%増、8月は同2.6倍と乗客数が目立って増えていた。(写真はスカイマーク機=資料=神戸空港にて)

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告