住友ゴム、中国のタイヤ工場で電力すべて再生可能エネに CO2を7割削減

20220119江蘇省常熟
【神戸経済ニュース】住友ゴム工業(5110)は、中国にあるタイヤ工場で使用する電力すべてを再生可能エネルギー由来に切り替えたと発表した。同社は中国の江蘇省常熟経済開発区と、湖南省長沙市の2カ所にタイヤ工場を持ち、両方の工場で購入する電力の全部を再生可能エネルギー由来とした。この結果、2022年に中国の2工場で排出する二酸化炭素(CO2)は、21年に比べ約70%削減できる見込みになった。

 さらに両工場では22年下期(7〜12月期)をめどに太陽光発電を導入する計画。再生可能エネルギー由来の電力を安定的に調達できるようにする。需要が伸びて価格が上昇しがちな再生可能エネルギー由来の電力の調達コストを、抑える効果もあるとみられる。

 江蘇省常熟の工場はタイヤを月に7200トン、湖南省長沙市の工場では同2950トン生産する。両工場で生産するタイヤや、国内外に12カ所ある住友ゴムのタイヤ工場で生産する全体(月産6万8800トン)のうち約15%を占める。(写真は江蘇省常熟の工場=住友ゴム提供)

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告