経産省の酒井氏「デジタル庁は他人事ではない」 GovTechサミット

20210314経産省酒井氏

 経済産業省の酒井一樹デジタル化推進マネージャーは12日、神戸市が開催した「GovTech(ガブテック)サミット2021」にビデオメッセージ(写真=神戸市が配信した動画より)を寄せ、「住民の苦情や要望を行政が解決するという『依存型』から、市民を巻き込んでともに課題解決をめざす『共創』に行政が変わりつつある」と強調。デジタル技術を取り込んで中央省庁の効率化や簡素化をめざす「デジタル庁の取り組みは、(ビデオメッセージを見ている)あなたにとっても他人事ではない」と述べ、技術者や自治体関係者などの参画を呼びかけた。

 酒井氏は経産省のデジタル化についての取り組みについて「IT(情報技術)サービス開発能力の強化」「新しい技術・開発手法の導入」「データに基づく政策立案」をめざすのが3本柱であると説明。そうした施策を実行するうえでは、技術やアイデアを持つスタートアップなど民間企業と、行政の間を取り持つノウハウがあるNPO(非営利団体)コード・フォー・ジャパンのような存在の活躍が大きいと指摘した。

 「ガブテック・サミット2021」では、行政(Government)がテクノロジー(Tech)を取り込むことによる行政の効率化と、スタートアップ育成・支援を同時に進めるガブテックのモデルとして、「アーバンイノベーション神戸」の成果をまとめて発表した。酒井氏はガブテックに関する経産省の取り組みを紹介する目的で、ビデオメッセージを寄せた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告