川西倉庫の社長に川西常務が昇格 若松社長は代表権ない会長に

2020/12/15 08:40 写真を追加し、関連する本文を更新しました。

20201215川西二郎氏

 川西倉庫は14日、4月1日付で川西二郎常務(48、写真=川西倉庫提供)が社長に昇格する人事を同日の取締役会で決めたと発表した。若松康裕社長(66)は現在空席の会長に就き、代表権は持たない。若松氏が社長に就任した2013年6月以来およそ8年ぶりの社長交代になる。今回の社長交代で、同社のトップは18歳若返り、新たな体制で企業価値の向上をめざす。川西二郎氏は、川西倉庫株を22万3000株(自社保有分を除く発行済み株式数の2.87%)を保有する第7位株主でもある。

 川西 二郎氏(かわにし・じろう) 1972年生まれ。95年4月に安田火災海上保険(現・損害保険ジャパン)入社。2007年6月に大和製衡入社。10年4月に川西倉庫入社。12年6月取締役、14年6月常務。兵庫県出身。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告