大丸須磨店40周年で初の大規模改装 15日オープン、地域密着で食品など強化

20200311大丸須磨店

 J・フロントリテイリング傘下の百貨店で、神戸市営地下鉄名谷駅前に立地する大丸須磨店(神戸市須磨区)が15日にリニューアルオープンする。食品売り場では総菜の新店舗やイートインスペースを導入するなど、地域密着型の店舗としての役割を強化。開業40周年をきっかけとした、同店としては初の大規模改装で、内装も明るくする(完成予想図=大丸松坂屋百貨店提供)。40周年の記念に同店が開業した1980年代の神戸を描いたイラストの展示や、1980年代のショッピングバッグを復刻する。

 1階の食品売り場では、中華総菜の「金龍DELI」や肉総菜の「マルヨネ」などが新規にオープン。イベントなどで人気の焼豚「新生公司」を常設コーナーにする。さらにイートインの「すし三崎港」「さかなや食堂うお活鮮」もオープンする。地域住民などに食品への需要が根強いことから、日常的に使いやすくなるよう利便性を高める。ライフスタイル雑貨「マルシェドブルーエブリュス」も出店して、相乗効果をねらう。

 2階ではファッション・雑貨の売り場を再編。3階にも分散していた婦人服売り場を2階に集約し、より商品を見て歩きやすい売り場をめざす。カジュアル衣料の「ユニクロ」が売り場を大きく占める3階には、サービスのテナントが4月にオープン。ヘアサロン「パーティ」、保険代理店「ほけんの窓口」、整体の「カラダファクトリー」などが出店を予定している。

20200311紙袋

 11日から1階中央玄関〜東玄関の間に配置したショーウインドーで、1980年代まで「山、海へ行く」を合い言葉に大規模な開発を実施した結果、新しくできた街のひとつが大丸須磨店のある須磨ニュータウン。そうした活気にあふれた80年代の神戸を振り返り、神戸在住の作家「もふもふ堂」が描いたイラストを展示。当時のデザインをプリントした紙製ショッピングバッグ(写真=大丸松坂屋百貨店提供)の配布も実施する(なくなり次第終了)。

 大丸須磨店を含む名谷駅前の商業施設「須磨パティオ」も、開業40周年を機に時計台をリニューアル。15日午前10時から毎正時に、からくり時計が稼働を開始する。このほか広場のベンチをリニューアルしたり、通路のカーペットを交換するなど、順次リニューアルを進めている。大丸須磨店では来年春に第2弾のリニューアルを実施し、神戸市の名谷図書館が入居することも決まっている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告