六甲山スノーパーク、11月16日から今季の営業開始 3月29日まで

 阪急阪神ホールディングス傘下の六甲山観光は27日、六甲山スノーパークの今季の営業を11月16日に開始すると発表した。同社によると、関西圏のスキー場で最も早いオープンになるという。営業期間は2020年3月29日までの135日を予定する。人工雪を活用した安定した営業で、スキーやスノーボードなどの愛好者や、雪遊びする訪日客らの需要に応える。

 営業時間は11月30日以降の土曜、日曜、祝日などナイター営業する日は午前9時〜午後10時(受付は午後9時半まで)、それ以外のナイター営業しない日は午前9時から午後5時まで(受付は午後4時半まで)など。雪ぞり、雪あそびの場所になるスノーランドは11月30日から営業する(営業は午後5時まで)。

 昨シーズンに好評だった阪神御影、JR住吉、阪急御影からスノーパークまでの直行バスも運転。11月13日からウェブでの予約を受け付ける。

 造雪作業は10月17日から始める予定だ。氷を砕いて作った人工雪をゲレンデに積み上げる。24時間作業を続けて、約240トンの雪山を1日あたり1〜2つ作り、オープンまでには50個の雪山でゲレンデを覆い尽くす。造雪量は約7200トンになるという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告