日本イーライリリー社長にトムセン氏、9月1日付 ジョンソン社長は米本社に

20190716イーライリリーのトムセン氏

 米製薬大手イーライ・リリーの日本法人である日本イーライリリー(神戸市中央区)は12日付で、米本社の海外マーケティング統括部門でバイスプレジデントのシモーネ・トムセン氏(51、写真=日本イーライリリー提供)が社長に就任する人事を発表した。9月1日付での就任を予定する。現在のパトリック・ジョンソン社長(53)は、米本社で執行役員に就き、バイオ医薬品事業部を統括する。

 ジョンソン氏は2014年に着任し、日本での医薬品の研究開発を加速した。18年には業容拡大を受けて神戸市内で新社屋を移転。社会貢献活動などでは兵庫県や神戸市との連携も強化した。16年1月から業界団体PhRMA(米研究製薬工業協会)の在日執行委員会委員長も務めた。

 トムセン氏は、1997年にドイツのルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン大学で経営学と日本語学の学位を取得。2001年にオランダとイギリスにあるNIMBASマネジメントインスティチュートで経営学修士号(MBA)を取得した。02年にイーライ・リリー入社。14〜17年に度オーストリアとスイスの事業も統括するドイツ現地法人の社長を務めた。1968年ドイツ生まれ。

▽関連記事
・日本イーライリリー、新本社が「働き方改革」も後押し 意思決定の迅速化も (2018/05/30)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告