ロック・フィールド、サラダ「キット」販売を拡大 購入翌日まで品質を保持

20190715サラダキット

 ロック・フィールドは、下ごしらえ済みの野菜やドレッシングなどをセットにしたサラダの調理済みキット「作るを楽しむSALAD」シリーズを、同社が展開する「RF1」と「グリーン・グルメ」の全国の店舗で販売する。2018年6月から一部の店舗で販売していたが、好評だったことから全国発売に踏み切った。同社のサラダ作りのノウハウを詰め込み、家庭で楽しめるようにした。賞味期限が相対的に長いキット製品の全国展開で、同社製品の利用頻度の向上をめざす。

 素材が分かれて入っているので、できたてのサラダが簡単に楽しめる。複雑な調理工程を必要とせず、野菜はカット済みのため包丁も不要。トッピングに採用した揚げゴボウやナッツなどは、サクサクとした和(あ)えたての食感が味わえる。購入翌日まで品質を保持。手みやげなどにも利用しやすくした。お気に入りの食器に、好みの盛り付けなどが楽しめる。

 販売するのは5種類で、1パックは2人前。「ローストビーフと揚げごぼうの旨みサラダ」(税込み897円)、「島豆腐とひじきのふたりサラダ」(735円)、「2種のドレッシングで味わうグリーンサラダ」(692円、写真=同社提供)、「焼き明太チーズのふたりポテトサラダ」(540円)、「海の幸とシャッキリ野菜の美味サラダ」(908円)。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告