アシックス、ロボット使った自動生産システムが稼働 1人あたり生産数4割増

20190612ロボット生産開始

 アシックスは12日、産業用ロボットを使ったシューズの自動生産システムが自社工場で稼働したと発表した。同システムは、国内では唯一のシューズ生産拠点である山陰アシックス工業(鳥取県境港市)に導入。主に街中を歩く際などに履く、カジュアルなシューズを生産する。同システムを導入した生産ラインでは、一人あたりの生産数を約4割高めることができた。

 今回導入したシステムでは、シューズのアッパー(足の甲を覆う部品)と、靴底の貼り合わせ工程の一部を自動化。接着面のプラズマ加工と、接着剤の塗布に産業用ロボットを使う。シューズ開発や生産のノウハウの蓄積をもとに、同社のスポーツ工学研究所(神戸市西区)でシステムを設計した。産業用ロボットは、小型のロボットに強みを持つ、安川電機の機器を採用した。

 生産効率の向上によって、多様化が進んでいる顧客のニーズに幅広く、迅速に対応できる多品種少量生産でも利益を十分に確保できる体制を作る。今後も引き続き改良を加える計画で、自動生産システムを活用した場合の生産効率を従来比2倍、生産速度を1.5倍以上に高めることをめざす。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告