日銀神戸支店、景気判断「緩やかに拡大」12カ月連続 米中摩擦の影響限定的か

 日銀神戸支店が16日に発表した1月の金融経済概況では、兵庫県内の景気について「緩やかに拡大している」との基調判断を12カ月連続で示した。輸出は増加基調、設備投資も高水準で推移との見方を維持した。個人消費は引き続き「緩やかに持ち直している」という。

 公共投資は「下げ止まっている」と、前月までの「下げ止まりつつある」から判断を上方修正した。西日本建設業保証(大阪市西区)による11月の公共工事請負金額が前年同月比62.8%増、12月は17.2%増と2カ月連続で増加が目立ったことなどを反映した。

 武元和彦支店長は同日開いた記者会見で、県内企業へのヒアリングなどを通じて、米中貿易摩擦など海外情勢の影響は「限定的との見方が多い」との認識を示した。ただ半導体関連などの一部では「受注の鈍化を指摘する声が聞かれている」と説明した。

 記者会見の内容は終了後に日銀神戸支店が明らかにした。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告