monoAI、ゲーム関連技術の子会社を吸収合併 4月1日付

【神戸経済ニュース】イベント用仮想空間「メタバース」の開発・運営を手掛けるmonoAI technology(モノアイテクノロジー、5240)は16日、同社の完全子会社である「モノビットエンジン」を4月1日付で吸収合併すると発表した。経営の効率化、意思決定の迅速化をして、両社の経営資源をより活用しやすくするのがねらい。

 モノビットエンジンは、オンラインゲームやメタバースなどを構築する際に使う、多くのユーザーがネットワークを通じて1カ所に集まった際に、サーバーの負荷を抑える技術などを持つ。仮想現実(VR)のコンテンツにボイスチャット機能を付加する制作者向けソフトウエアなども提供する。2023年12月期の売上高は3800万円だった。

 完全子会社との合併のため、合併による2024年12月期の連結業績への影響は軽微としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告