神戸市、新型コロナ対策本部を廃止 「5類」移行で市長指示

【神戸経済ニュース】神戸市は8日、新型コロナウイルス感染症対策本部の会議を開き、本部長である久元喜造市長が同本部を廃止するよう指示した。政府が新型コロナの感染症法の位置付けを従来の「2類」から、8日午前0時に「5類」に変更し、政府の対策本部も廃止することに伴う措置。今後は危機管理室と健康局の関係会議を開くなど、関係者間の情報共有は継続する。

 久元市長は同会議で「引き続き緊張感を持って感染拡大に備えるとともに、平穏な日常や経済活動との両立をはかってほしい」と述べた。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告