JR西日本、神戸線の朝ラッシュ時に本数減 来年3月12日ダイヤ改正

20211220普通電車

【神戸経済ニュース】JR西日本は2022年3月12日にダイヤ改正を実施すると17日に発表した。JR神戸線関連では、6〜8時台のラッシュ時に上りの快速1本と普通2本、下りの普通1本をそれぞれ減らす。テレワークや時差通勤の普及などで、朝ラッシュ時の乗客数が従来に比べ減少したのに対応する。一方で姫路・明石などから大阪に通勤する際の着席サービスを充実させる。(写真は摩耶〜灘を走る普通電車=資料)

 三ノ宮発の上りでは、新快速は午前6時台に概ね15分間隔から10分間隔に、午前7〜8時台は新快速と快速でおおむね8〜9分間隔だったのを10分間隔に、普通電車もピーク時の4〜5分間隔を5分間隔へと、運転間隔を総じて平準化する。三ノ宮発の下りでは、およそ30分間隔だった午前7時台の新快速を20分間隔に、午前8時台は新快速と快速で概ね10分間隔を維持する。

 姫路駅を平日の午前6時21分に発車する上り特急「らくラクはりま」は維持。「Aシート」を連結した新快速が午前7時34分に姫路を出発する。現在は空いていれば座れる新快速のAシートは全席指定にして、長距離を通勤する乗客向けに、着席サービスの提供を強化する。

 このほか午前6時台に4本あった下りの加古川ゆき普通電車は、うち2本が西明石行きに変更。おおむね平日の午後3時台に、普通電車の一部で須磨〜西明石の運転を取りやめ、須磨発着にする。各駅の時刻表などは、2月下旬にも駅やJR西日本のホームページなどに掲載する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告