ケンコーマヨ、静岡富士山工場の増設工事に着工 卵焼き類を製造

20180122ケンコーマヨ静岡富士山工場増設

 ケンコーマヨネーズは22日、静岡富士山工場(静岡県富士市)に増設する卵焼き工場の建設予定地で安全祈願祭を開催したと発表した。富士市の関係者に加え設計・工事関係者ら約30人が参加し、着工から2019年2月を予定する完成までの工事の安全を願った。新たな工場の建設で、静岡富士山工場での卵焼き類の生産能力は年間約3020トン増加する。(図は完成した増設部分の予想図=ケンコーマヨの発表資料より)

 従来の静岡富士山工場に隣接し、厚焼き卵、だし巻き卵、錦糸卵などを製造。従来同様に卵を割るところから焼成、パック詰めまで通して作業できるようにして、外食・中食産業向けの「惣菜亭」シリーズなど業務用食材を強化する。

 ケンコーマヨは昨年1月に公募増資などで68億円を調達。静岡富士山工場のほかサラダなどを製造する西日本工場(京都府舞鶴市)など4工場で増産投資の計画を明らかにしていた。

▽関連記事
ケンコーマヨ、公募増資で最大約70億円を調達 サラダなど生産能力を増強 (2017/01/10)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース Twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報