メリケンパークで夜の海底散歩 「メヤメヤ」12月17〜26日に開催

20211119メヤメヤ

【神戸経済ニュース】神戸市は12月17〜26日の10日間に、メリケンパーク(神戸市中央区)の夜に浮かぶ幻想的なイルミネーション「メヤメヤ」を開催する。来場者の頭上にレーザーで海面を表現し、メリケンパークの地上を海底に見立てる。来場者は海底を散歩するような感覚を楽しめるという。臨海部(ウォーターフロント)地区のにぎわい創出をめざす。

 昨年は光のトンネルや、六甲山で開催した現代アート作品の展覧会「六甲ミーツ・アート」の出品した作品の一部を屋外展示した「BE THE LIGHT 神戸メリケンパーク・イルミネーション」に加えて、神戸港の夜にレーザーの虹が浮かぶ「GlobalRainbow@KOBE2020」を開催。観客が1カ所に集中せず、公共交通機関の混雑にもつながりにくい年末行事として、今年もイルミネーション行事を開催する。

▽イベント名:メリケンパークの夜に瞬間(とき)めく「メヤメヤ」
▽主催者:神戸市
▽協力:神戸港”U”パークマネジメント共同事業体
▽期間:2021年12月17〜16日 午後6時〜午後9時
▽場所:メリケンパーク(神戸市中央区波止場町)
▽入場料:無料
▽事前の申し込み:不要
▽問い合わせ:神戸市事業・イベント案内センター 電話 0570-083-330 または 078-333-3372

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告