首相辞任 久元神戸市長「神戸の発展へ多大な支援ありがたく存じていた」

20200828久元神戸市長

 神戸市の久元喜造市長(写真=資料)は28日、安倍晋三首相が同日に辞意を表明したことを受けて「職務継続との一部報道も出ていたので、突然の辞意表明には大変驚いています」とコメントを発表した。久元市長は「持病と闘いながら新型コロナウイルスへの対応など全力で総理の職務に当たってこられたことに、ご心中をお察しするとともに敬意を表します」と述べた。

 一方で久元氏は、かつて安倍首相が神戸市中央区に本社を置く神戸製鋼所に勤務するなど「神戸にゆかりがおありの安倍総理には、神戸医療産業都市などたびたびご視察いただきました」と振り返った。そのうえで「神戸の発展のため、これまで多大なご支援をいただいていることを、日ごろよりありがたく存じていた」という。安倍氏には「改めて心より感謝を申し上げたい」と語った。

▽関連記事
安倍首相辞意 井戸兵庫知事「兵庫とつながりある首相の辞任は残念」 (2020/08/28)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告