油井副市長は危機管理局、都市局などを担当 神戸・副市長の分担見直し

20190320副市長事務分担

 神戸市は20日、4月1日付で副市長の事務分担を見直すと発表した。同日付で油井洋明建設局長が就任するうえ、みなと総局と住宅都市局を港湾局、都市局、建築住宅局に再編することなどに伴う措置。岡口憲義副市長と寺崎秀俊副市長は新たな分野を担当せず、これまで岡口氏が担当していた建設、都市計画関係の部局と寺崎氏が担当していた危機管理室などを油井氏に割り振る。

 市長室、企画調整局、区役所に関する事務は両氏が共同で受け持つ。このほか局室など部署に関係なく「六甲山活性化」に関することは岡口氏が、「子ども子育て支援」は寺崎氏が、「防災」は油井氏がそれぞれ担当する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告