FC2ブログ

川重、LNGが燃料の大型ばら積み船を開発 設計で認証取得

20190128川重LNGばら積み船

 川崎重工業は28日、液化天然ガス(LNG)を燃料として運航する20万トン級のばら積み運搬船(イメージ図=川重提供)の開発を完了したと発表した。LNG燃料を使用する船舶が求められる国際規制の認証「IGFコード」と、日本海事協会の規則に基づいた設計基本承認を取得。これまで重油が主力だった、ばら積み船の燃料をLNGに切り替えることで、よりクリーンな排ガスの船舶の需要に応える。

 LNG燃料タンクを船員の居住区域の後ろに配置することで、従来の同規模船と同じ容量の貨物スペースを確保した。燃料に重油を使うこともできる低速ディーゼル機関を採用。LNG使用時に、排気ガス中の二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、粒子状物質(PM)の排出量を大幅に削減、国際的なエネルギー効率規制(EEDI)強化に対応した。

 全長は約300メートル、幅50メートル、喫水は18.4メートルになる。川重は、LNGと重油が燃料として使える機関を採用した自動車運搬船で引き渡しの実績がある。自動車運搬船は中国の江蘇省南通市にある中国遠洋運輸(コスコ)グループと共同で運営する南通中遠川崎船舶工程で建造した。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告