阪神タイガースの名シーンを振り返りながら一杯、岡田監督など7種 白鶴酒造

20240305阪神サケカップ

【神戸経済ニュース】酒造大手の白鶴酒造(神戸市東灘区)は、プロ野球阪神タイガースの23年シーズンの名シーンを振り返りながら、日本酒の一杯を楽しめる「白鶴サケカップ阪神タイガースラベル200ml」7種類を8日に発売する。躍動感あふれる選手本人の写真や、写真で振り返る23年シーズンの名シーン、選手の背番号と直筆サインをラベルにプリントした。9月ごろまでの期間限定で販売する予定だ。阪神とコラボしたサケカップは昨年に続く第2弾。

 人気の6選手と岡田彰布監督を取り上げた。6選手は背番号順に木浪聖也選手、森下翔太選手、大山悠輔選手、近本光司選手、佐藤輝明選手、中野拓夢選手だ。写真は阪神タイガース球団からオフィシャル写真の提供を受けた。名シーンの解説と、その日の試合結果も掲載。気に入った選手の活躍を期待しながら連覇をめざして試合を応援したり、友人と野球談義に花を咲かせたりする際などでの利用を想定する。

 日本酒の内容量は200ミリリットル。販売地域は限定せず、小売店や卸売店から引き合いがあれば全国どこでも出荷する予定だ。白鶴酒造資料館、白鶴御影MUSE(御影クラッセ)、白鶴公式オンラインショップの直営3店舗でも販売する。参考小売価格は消費税別で250円。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告