INAC神戸の運営会社、会長に大栄環境の金子社長 顧問にみなと銀会長

【神戸経済ニュース】廃棄物処理が主力の大栄環境(9336)は1日、サッカー女子WEリーグのINAC神戸レオネッサを運営するアイナックフットボールクラブ(神戸市東灘区)の会長に、大栄環境の金子文雄社長が就任したと正式に発表した。大栄環境は同日付で、アイナックフットボールクラブの全株式を取得した。チームを設立した文弘宣氏は2月29日付で取締役を退任し、3月1日付で新設した名誉顧問に就任した。安本卓史社長は続投する。

 顧問には、りそなホールディングス(8308)傘下の地銀、みなと銀行の服部博明会長が新たに就任。大栄環境の金子社長は26日の記者会見で、みなと銀行が間に入って文氏の紹介を受けたことを明らかにしていた。このほか文氏が代表を務め、アイナック社の株式を2月まで保有していたアスコグループに所属している取締役が2月29日付で退任し、大栄環境の幹部社員が役員(取締役に2人、監査役1人)に就任した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告