六甲バターの今期、税引き益21%減の見通し 原料価格の上昇見込む

 六甲バターは10日、2017年12月期の単独税引き利益が前期比21%減の27億円になる見通しだと発表した。世界的に供給過多だった生乳の価格調整が一服し、原料チーズの国際市況が回復するのが逆風になると見込む。さらに円安で原料の輸入コストが膨らむと想定。営業利益は24%減の39億円を見込む。

 売上高は5%増の241億円を予想する。チーズ類の販売は「家飲み」の定着でおつまみ需要が拡大。家庭用チーズ製品、チョコレートともに前期に引き続き堅調と見ているもようだ。前期にはおつまみ需要の取り込みをねらい、「ビールに合うベビーチーズゆず胡椒入り」などを発売した。配当金は前期据え置きの年20円を予定する。

 同時に発表した2016年12月期の単独決算は、税引き利益が前の期比76%増の34億円だった。原料チーズの国際価格が下落した恩恵を受けた。売上高は5%増の471億円、営業利益は74%増の51億円になった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報